25倍以上のレバレッジをかけて取引可能な海外FX業者

日本国内でもFX業者はたくさんあり、日本人の多くはおそらく日本国内の証券を通じてFXをしていることでしょう。
しかし、そこをあえて海外のFXで勝負している個人ディーラーもたくさんいます。
あえて海外を使う理由は一つです。よりレバリッジを高く設定できるからです。

簡単にいえば、日本でやるよりもよりハイリスク・ハイリターンで勝負することができます。
リスクは正直のところ大きいです。
ほんのすこし逆に動くだけですさまじい含み損となりロスカットとなってしまいます。
ですが、その逆を狙えるのが大きなメリットでもあります。

クレジットカードを使った入金など、日本のものとは少し違うところもあります。
よくリスクを踏まえたうえでやらなければいけません。
出金にも日本よりも時間がかかるなど、異なる点がいくつかあり、十分な理解が必要となります。
手を出すのであれば十分調べてからやりましょう。

日本でも以前はもっとハイリスク・ハイリターンの取引ができました。
今は一般投資家も増え、ロスカットの基準が厳しくなるなどの措置をしています。
一攫千金を狙いたい人にはおすすめです。

インターネットで検索したり、雑誌などを見てみると海外のFX業者は危険であるという論調をよく見かけます。
しかし、もし海外で運営されているFX業者であっても、日本の金融庁に登録しているFX業者であれば日本の金融庁の監視を受けることになりますから、海外のFX業者とはいっても日本のFX業者を何ら変わることはありません。

海外では自由であるレバレッジも日本で登録しておれば25倍までの日本のレバレッジ規制を受け入れなければなりません。
もし、FX取引をしている人が日本の金融庁の25倍のレバレッジ規制を十分であるという認識であるならば、海外のFX業者もすべて登録するでしょう。
でなければ日本では商売にならないからです。

海外のFX業者が登録しないということは日本のFX取引の利用者が規制に飽き足らないと思っている人が多く、その為にワザと登録していないと思われます。
別に海外のFX業者が危険ではなく、危険な業者があるので気をつけなければならないということでしょう。
FXは海外でも利用されているものであり、海外の方が色々な機能を持っているとされています。
特に利用数の多い自動売買という方法があり、自分は見ているだけで取引が成立していることになります。
日本ではシステムトレードが一般的な手法となっていますが、海外では自分が設定できるシステムを採用することが多いです。

一番利用されているのが、MT4を利用しているシステムトレードです。
これによって色々なプログラムを採用して、取引に強みを持たせることが出来ます。
会社側が用意しているプログラムではなく、他の人が作っているプログラムが使われるので、かなり有利なものが幾つか手に入ります。

MT5という新しいものも登場していますが、使い勝手の悪さなどから敬遠されている状態が続いており、現在でもMT4が主体となって入用されていることが多いです。
FXというのは、自動売買によって、自分の時間を作りつつも、安心して取引ができる環境が望ましいのです。

以前はスキャルピング狙いで、その手法を研究して何度も取引を重ねていました。
しかし、この超短期取引で安定して利益を重ねるのは至難の技です。
それならと、まったく違う取引をしようとスワップポイント狙いの長期投資に切り替えました。

まずは、スワップが高い通貨に狙いを定めて、その中でNZドル円や豪ドル円に絞りました。
南アフリカランドやブラジルレアルは、さらにスワップポイントが高い場合もありますが、不安定すぎる事と国情勢が安定していない事で除外しました。
スワップで気をつける点は、逆に建ててしまうと反対に毎日金利を支払う事になるので、その取引量や業者によって多少差がありますが、毎日80円前後ほど取られる事になります。
それが注意点なので気を付けて下さい。

よって、資金量が多く多少のドローダウンにも耐えられるなら大きく下がったところで、スワップ目的でナンピン建てをするのも良いと思います。
もちろん、本来の取引ならナンピンはダメなのですが、スワップポイントが目的なので良しとして取引を重ねると、数年間我慢できて数万通貨の運用でも結果的にはプラスになったので、今はこの手法に一段と磨きをかけていきます。

私の会社はボーナスはロクに出なくなって生活はギリギリ、そんな中で子供を授かったので副収入を得る手段を探していました。
副業・副収入を得るための本や雑誌を見ているとFXという文字が目に付くようになりました。
どんな本や雑誌にも必ずFXの文字が出てくるので、じっくり読んでみたところ多くのサラリーマンが行っているようで、これなら自分にもできるかも知れないと思い、某社に口座を開きました。お金が無いので50,000円の証拠金でトレードを始めました。

スワップポイントにひかれて、円と豪ドルの組み合わせで買いのポジションを選択しました。
暫く取引をしないで様子を見ていると、日々着々とスワップポイントが増えて行きます。4,000円くらいの儲けが出たところで一旦売りました。
その後はスキャルピングを繰り返し買って利益が出ては売ることを繰り返していましたが、東日本大震災で急激な円高になりました。

当時、私が反省しているのはチャートをじっくり研究することもなく、ひたすら勢いに任せてトレードをしていたことです。
今思えば、相場とはちょっとの経済指標の変化などで急激に変化します。
勢いに任せてトレードを行うのではなくチャートをしっかり観察して一喜一憂しないこと、損切りは的確に行う果断さ、そして自分でもある程度先を読めるくらい相場観をしっかり持つことが重要だと今はつくづく感じます。


海外のFX会社は国内の証券会社に見られるようなレバレッジに対する規制がありません。
FXは株式に比べ、個人投資家が取引をできるようになってからまだまだ歴史が浅く、法律の整備が行われる以前は国内の証券会社でも25倍以上のレバレッジをかけることができました。

少ない投資資金で株式の信用取引よりも高いリターンを得られる可能性があること、低金利の日本円と高金利の新興国通貨との組み合わせで毎日スワップポイントが得られる点などが人気を集め、インターネットの普及も重なり、一気に広まりました。

投資経験の浅い個人投資家が無理なレバレッジで高いリスクのポジションで取引を行った結果、急落・急騰に耐えられずロスカットを通り越して多額の負債を抱えてしまうケースが問題になりました。
そうした事態に政府はレバレッジの規制に乗り出しましたが、海外で運営するFX会社に対してはこれに該当しませんでした。
今は日本語の対応している海外FX会社も増え高いレバレッジで取引可能でなおかつ税金は国内のFX会社と同等の税率で扱われるため、一部の投資家には大変人気があります。

しかし海外FXの第一印象はと聞いてみると、税金が面倒くさいという人がいます。
これは海外FXの申告は総合課税に分類されて6段階の累進課税となっているのが理由だからです。
実はこの累進課税、課税所得金額が年195万円以下の場合は税率が15%で195万円超330万円以下の場合は20%となっているのをご存知でしょうか。
国内FXの場合は申告分離課税で一律20%となっているのを考えると、自利益の金額によっては海外FXの方が有利なんです。
また海外の口座とは言っても最近では円で管理できる口座を提供している業社、ドル円はもちろんですが、クロス円の取引を行っている海外業者というのも最近では非常に多くなっています。
今までは国内のFX口座で手狭になってきたら海外へという考え方の人が多かったかもしれません。

ですがトレード成績やスワップ金利などをもう一度見直してみて、年間の利益の金額によっては海外FXの方へ移動したほうがいいという方も多くいるのではないでしょうか。

私が投資をしていて手ごたえを感じたのは国内よりも断然海外FXです。
やはり国内と違って取引が柔軟ということもありますし、圧倒的な稼ぎやすさは比べるまでもないと思います。
現在デイトレ以下の取引感覚で安定的に利益を出せている人なら、きっと使いこなせることができて利益の伸びが良くなるのではないでしょうか。
私はスキャルピングでいつも海外FXを利用していますが、短期間向きということを日々実感しています。

なぜならレバレッジの高さを使いこなすにはこの方法が最適といえるからです。
スイング以上の長期間トレードなら低倍率のレバレッジで行うのがセオリーと言われているので、その考えを逆に当てはめたようなものといえます。
これは含み益が発生してすぐに決済しても倍率の高さゆえに利益もそれなりに大きいから可能なのです。
もちろんこれは思惑と反対に相場が動いたときに素早く損切りできるメンタルも前提ということは言うまでもありません。
しっかりした手法を持って海外FXに挑める人なら数ある投資の中でも効率の良さは群を抜いていると感じました。